メニューを開く 検索 ログイン

人間ドック「異常なし」が過去最低の5.6%

2015年全国集計成績報告

2016年09月28日 07:15

 日本人間ドック学会は8月、公式サイト上で2015年「人間ドックの現況」を発表し、基本検査の全項目で異常がなかった者の割合は5.6%と前年に比べて1.0ポイント低下し、過去最低を記録したことを明らかにした。その一方で、生活習慣病6項目のうち、高コレステロール、高中性脂肪、肝機能異常の異常頻度は減少した。今回の結果と今後の人間ドックの展望について、同学会人間ドック健診統計調査委員会委員長で牧田総合病院人間ドック健診センター院長の笹森斉氏に聞いた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  人間ドック「異常なし」が過去最低の5.6%

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504761 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外