メニューを開く 検索を開く ログイン

がん免疫チェックポイント阻害薬の課題

 2016年09月28日 07:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 近年脚光を浴びているがん免疫療法。その中で、最も成功し世界的な注目を集めているのが免疫チェックポイント阻害薬だが、決して夢のような薬ではなく、多くの課題も残されている。山口大学免疫学講座教授の玉田耕治氏は、第44回日本臨床免疫学会総会(9月8~10日)で免疫チェックポイント阻害薬の課題について概説し、バイオマーカー研究および複合がん免疫療法の推進が重要であることを指摘。また同氏らが現在取り組んでいる抗PD-1/PD-L1抗体の標的経路と作用メカニズムの解明に関する研究についても報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

一都三県の緊急事態宣言は7日に解除すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  がん免疫チェックポイント阻害薬の課題