メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  RA治療薬の一長一短①:TNF標的Bio

RA治療薬の一長一短①:TNF標的Bio

滑膜への直接作用の意義大きく効果減弱の課題克服も可能

 2016年09月29日 07:10

 関節リウマチ(RA)診療では、生物学的製剤(Bio)などを用いた治療戦略で成績は向上した半面、効果減弱、副作用といった課題も指摘されている。第44回日本臨床免疫学会のワークショップ「生物学的製剤と低分子化合物による免疫制御のPros and Cons」(関連記事)では、1人の演者が治療薬の一長一短を概説。北海道大学大学院免疫・代謝内科学講座准教授の保田晋助氏はエビデンスが豊富な腫瘍壊死因子(TNF)標的Bioの利点として、製剤選択肢が多いことや、Bioの増量や減量などに関するエビデンスが豊富なことを挙げた。一方で課題として感染症リスクやメトトレキサート(MTX)併用への高い依存度、長期投与での効果減弱(二次無効)などがあるが、RAの滑膜線維芽細胞に直接作用するTNFを阻害し、感染症リスクや効果減弱といった課題にも対処法がほぼ確立してきたことから、実臨床においてはTNF標的Bioの存在意義が大きいことを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  RA治療薬の一長一短①:TNF標的Bio

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504820 有効期限:10月末まで