メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  RA治療薬の一長一短②:JAK阻害薬

RA治療薬の一長一短②:JAK阻害薬

MTX非併用例やBio無効例に有効だが帯状疱疹リスクに懸念

 2016年09月29日 07:15

 2013年3月に、チロシンキナーゼのJanus kinase(JAK)1/3阻害を主とした作用を持つトファシチニブ(Tofa)が関節リウマチ(RA)の臨床現場に導入された。第44回日本臨床免疫学会のワークショップ「生物学的製剤と低分子化合物による免疫制御のPros and Cons」(関連記事)では、長崎大学大学院先進予防医学講座リウマチ・膠原病内科学の岩本直樹氏がTofaの一長一短を概説。Tofaの利点として、同氏らの実験ではRA患者由来の滑膜線維芽細胞で作用を有するとの知見が得られたことや、上市後に新規で投与を開始したRA患者の1年経過後の成績からMTX非併用例やBio多剤無効例でも有効性が高かったことを挙げた。ただし、帯状疱疹のリスクが高いなど、一長一短があることは指摘した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  RA治療薬の一長一短②:JAK阻害薬

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504821 有効期限:10月末まで