メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  つわり症状が流産リスク7割減に関連

つわり症状が流産リスク7割減に関連

 2016年09月30日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 妊娠中の吐き気や嘔吐といった、いわゆる「つわり」の症状は妊婦のQOLを著しく低下させるが、つわり症状があることが良好な妊娠アウトカムに関連する可能性が複数の研究で示唆されていた。こうした中、米国立衛生研究所(NIH)Eunice Kennedy Shriver National Institute of Child Health and Human DevelopmentのStefanie N. Hinkle氏らが約800人の妊婦のデータを解析した結果、妊娠中に吐き気や嘔吐の症状を有することが、流産や死産などの妊娠損失リスクの低下に関連することが示された。特に吐き気と嘔吐の両方を経験した女性では、いずれの症状も経験しなかった女性に比べ同リスクが75%低かったという。詳細はJAMA Intern Med2016年9月26日オンライン版)に掲載されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  つわり症状が流産リスク7割減に関連

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504836 有効期限:10月末まで