メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 健康・公衆衛生へ戻る

スギ花粉、来春の飛散量は西日本で今年比2~6倍か

2017年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測セミナー

健康・公衆衛生 | 2016.09.30 14:45

イメージ画像

 毎年、多くの患者を悩ませる花粉症。その花粉症の原因となるスギ・ヒノキ花粉の来春の飛散予測が発表された。NPO花粉情報協会は9月21日に東京都でセミナーを開き、2017年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量について、東日本各地では過去10年の平均(10年平均)および今年(2016年)と比較して同程度かやや少なめである一方、西日本各地では10年平均よりやや多く、今年と比べると約2~6倍となる見込みであると報告した。(以下、飛散量の単位は「個/cm2/season」を「個」と簡略表記)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    医師の職位低いと燃え尽き度が悪化

  3. 3

    うつ病関連の不定愁訴があればすぐ介入を

  4. 4

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  5. 5

    ケトン体サプリメントで持久力が向上

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  健康・公衆衛生 >  スギ花粉、来春の飛散量は西日本で今年比2~6倍か