メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 健康・公衆衛生へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

スギ花粉、来春の飛散量は西日本で今年比2~6倍か

2017年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測セミナー

健康・公衆衛生 | 2016.09.30 14:45

イメージ画像

 毎年、多くの患者を悩ませる花粉症。その花粉症の原因となるスギ・ヒノキ花粉の来春の飛散予測が発表された。NPO花粉情報協会は9月21日に東京都でセミナーを開き、2017年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量について、東日本各地では過去10年の平均(10年平均)および今年(2016年)と比較して同程度かやや少なめである一方、西日本各地では10年平均よりやや多く、今年と比べると約2~6倍となる見込みであると報告した。(以下、飛散量の単位は「個/cm2/season」を「個」と簡略表記)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  健康・公衆衛生 >  スギ花粉、来春の飛散量は西日本で今年比2~6倍か