メニューを開く 検索 ログイン

総合診療医が東京五輪医療チームの要に

mass gathering medicineの導入を

 2016年10月03日 11:45
プッシュ通知を受取る

 2020年の東京五輪では救急医療体制と人の集中が不均衡な状況下で健康被害が生じる可能性がある。そのような状況下ではmass gathering medicineの理解を深め、総合診療医が医療チームの要となる。東邦大学医療センター大森病院救急災害統括部部長の吉原克則氏が総合診療医の視点から2020年東京五輪の医療救護に関して第13回日本病院総合診療医学会(9月16~17日)の特別企画「東京2020への提言―熱中症をめぐって―」で講演した。

…続きを読むにはこちら

ワンクリックアンケート

先生は100歳まで生きる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  総合診療医が東京五輪医療チームの要に