メニューを開く 検索 ログイン

市中肺炎入院治療に関する米GLは妥当

【海外短報】

2016年10月03日 11:25

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 市中肺炎(CAP)で入院した患者への抗菌薬の投与期間に関する米国感染症学会(IDSA)╱米国胸部学会(ATS)のガイドラインは妥当で支持されると、スペインのグループがJAMA Intern Med2016; 176: 1257-1265)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  市中肺炎入院治療に関する米GLは妥当