メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  桑島巖氏が追及するディオバン事件・上

桑島巖氏が追及するディオバン事件・上

知りうる限りの全過程を記録

 2016年10月04日 07:20
プッシュ通知を受取る

桑島巖著、四六判、248ページ、定価2,000円+税、日本医事新報社

 昨年(2015年)12月、ノバルティスファーマが製造・販売するバルサルタン(商品名ディオバン)に関する医師主導臨床研究のデータ改ざんをめぐり、薬事法(現医薬品医療機器法)違反(虚偽広告)の容疑で逮捕された同社元社員の白橋伸雄被告と、罰則規定で起訴された同社の初公判が東京地裁で行われた。JIKEI HEART studyがLancetに掲載された2007年以降、一連の研究結果に一貫して疑問を投げ続けてきた医師がいる。NPO臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)理事長の桑島巖氏だ。その同氏が、この事件に関して知りうる限りの全過程を描いた『赤い罠 ディオバン臨床研究不正事件』を今年9月に上梓した。なぜノンフィクションを書く思いに至ったのか。時間の許す限り、実際に裁判を傍聴しているという同氏に、裁判の模様も交えて聞いた。〔関連記事:桑島巖氏が追及するディオバン事件・下

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  桑島巖氏が追及するディオバン事件・上

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07504871 有効期限:7月末まで