メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  熱中症対策は外国人、障害者に注意

熱中症対策は外国人、障害者に注意

2020東京五輪に向けて

 2016年10月04日 07:10
プッシュ通知を受取る

 近年、地球温暖化や高齢化により高齢者における熱中症が問題になっているが、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピック(2020Tokyo)では、特に外国人観光客や障害者に対する熱中症対策が重要になる。帝京大学病院救命救急センターセンター長で同大学救急医学科教授の三宅康史氏は、熱中症対策のために行われた研究、調査結果などについて第13回日本病院総合診療医学会(9月16~17日)の特別企画「東京2020への提言―熱中症をめぐって―」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  熱中症対策は外国人、障害者に注意

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11504873 有効期限:11月末まで