メニューを開く 検索を開く ログイン

桑島巖氏が追及するディオバン事件・下

ここから何を学ぶか

 2016年10月05日 07:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 薬事法(現医薬品医療機器法)違反(虚偽広告)の容疑で逮捕されたノバルティスファーマ元社員の白橋伸雄被告と、罰則規定で起訴された同社の公判が東京地裁で行われている。日本の臨床研究の将来を思い、論文発表時から裁判に至る全ての経過を知り得る限り記録として残そうと、『赤い罠 ディオバン臨床研究不正事件』(日本医事新報社)を執筆したNPO 臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)理事長の桑島巖氏に、この事件はなんだったのか、そこからなにを学ぶのかを聞いた。〔関連記事:桑島巖氏が追及するディオバン事件・上

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  桑島巖氏が追及するディオバン事件・下