メニューを開く 検索 ログイン

亜鉛キレート形成薬剤使用で褥瘡治癒が遅延

2016年10月05日 07:10

 亜鉛とキレートを形成して亜鉛吸収を阻害する亜鉛キレート形成薬剤。湘南鎌倉総合病院(神奈川県)薬剤部の長岡和徳氏らは、褥瘡発生患者を対象に、同薬剤の使用が褥瘡治癒期間に及ぼす影響を検討した結果から、亜鉛キレート形成薬剤の使用数が多いほど、褥瘡治癒遅延を起こす可能性が示唆されたことを第18回日本褥瘡学会(9月2~3日)で報告した。本報告は、同学会で最優秀演題に選ばれた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  亜鉛キレート形成薬剤使用で褥瘡治癒が遅延

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504874 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外