メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  亜鉛キレート形成薬剤使用で褥瘡治癒が遅延

亜鉛キレート形成薬剤使用で褥瘡治癒が遅延

2016年10月05日 07:10

 亜鉛とキレートを形成して亜鉛吸収を阻害する亜鉛キレート形成薬剤。湘南鎌倉総合病院(神奈川県)薬剤部の長岡和徳氏らは、褥瘡発生患者を対象に、同薬剤の使用が褥瘡治癒期間に及ぼす影響を検討した結果から、亜鉛キレート形成薬剤の使用数が多いほど、褥瘡治癒遅延を起こす可能性が示唆されたことを第18回日本褥瘡学会(9月2~3日)で報告した。本報告は、同学会で最優秀演題に選ばれた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  亜鉛キレート形成薬剤使用で褥瘡治癒が遅延