メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  ESC、がん治療の心毒性管理で提言

ESC、がん治療の心毒性管理で提言

腫瘍と循環器の専門医の連携が重要

2016年10月05日 07:15

 がん治療後の心毒性の管理では、腫瘍専門医と循環器専門医の連携が重要である。欧州心臓病学会(ESC)臨床ガイドライン作成委員会委員長でスペイン・University Alcala de Henares、University Hospital Ramón y CajalのJosé Luis Zamorano氏らは、がん治療と心毒性に関するポジションペーパー2016を作成、「がん治療開始前に腫瘍専門医と循環器専門医が密接に連携して患者の心臓の状態を正確に把握し、定期的診断に基づいた適正な処置を行う必要がある。心保護効果については有酸素運動にも目を向けるべき」とEur Heart J2016; 37: 2768-2801)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  ESC、がん治療の心毒性管理で提言