メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  難治性不妊症に期待の「AUGMENT療法」

難治性不妊症に期待の「AUGMENT療法」

自家ミトコンドリア移植で胚質改善を図る

 2016年10月06日 07:10

 体外受精では培養液の開発で胚盤胞期(受精後5~7日)までの長期培養が可能になったが、初期胚の胚質不良には有用な方法がないのが現状である。最近では受精や胚発育に卵子細胞のミトコンドリアが関与していることが知られるようになり、機能活性の高い自家ミトコンドリアを卵子の細胞に注入する「AUGMENTSM療法」が今年(2016年)、医療機関グループのIVF JAPANで開始された(関連記事)。同グループで同療法を行うHORACグランフロント大阪クリニック院長の森本義晴氏は、自家ミトコンドリアの注入は胚質の悪い難治性不妊症患者にとって期待できる治療法になりうると第34回日本受精着床学会(9月15~16日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  難治性不妊症に期待の「AUGMENT療法」

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504875 有効期限:10月末まで