メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  生物統計家の育成拠点に東大と京大

生物統計家の育成拠点に東大と京大

AMED、人材不足解消を狙う

 2016年10月06日 07:05
プッシュ通知を受取る

 日本医療研究開発機構(AMED)は、生物統計家の育成拠点として東京大学大学院と京都大学大学院の両大学院を選定した。修士号の取得者をそれぞれの拠点で毎年10人以上育成、全国の臨床研究中核病院などに送り出したい考え。わが国は生物統計家の人材不足が指摘されており、近年相次いだ臨床研究不正の一因ともいわれている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  生物統計家の育成拠点に東大と京大

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10504906 有効期限:10月末まで