メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  次世代の降圧薬①ARNi

次世代の降圧薬①ARNi

心不全治療薬として開発進む新規クラスの降圧薬

 2016年10月11日 17:35
プッシュ通知を受取る

 降圧薬は治療満足度、薬剤貢献度ともに高く選択肢が充実しつつあり、新規の薬剤には血圧低下だけでなく、腎障害や心不全などに対する臓器保護的な作用も求められる。アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬 (ARNi)LCZ696は新しいクラスの薬剤で、日本では心不全患者を対象に第Ⅲ相臨床試験が進行している。第39回日本高血圧学会(9月30日~10月2日)で新規高圧薬の必要性についてシンポジウムが開催され、熊本大学大学院腎臓内科学分野教授の向山政志氏は、ARNiは新規の降圧・心不全治療薬として今後の臨床応用が期待できると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  次世代の降圧薬①ARNi

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07504924 有効期限:7月末まで