メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 学会レポートへ戻る

次世代の降圧薬①ARNi

心不全治療薬として開発進む新規クラスの降圧薬

学会レポート | 2016.10.11 17:35

 降圧薬は治療満足度、薬剤貢献度ともに高く選択肢が充実しつつあり、新規の薬剤には血圧低下だけでなく、腎障害や心不全などに対する臓器保護的な作用も求められる。アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬 (ARNi)LCZ696は新しいクラスの薬剤で、日本では心不全患者を対象に第Ⅲ相臨床試験が進行している。第39回日本高血圧学会(9月30日~10月2日)で新規高圧薬の必要性についてシンポジウムが開催され、熊本大学大学院腎臓内科学分野教授の向山政志氏は、ARNiは新規の降圧・心不全治療薬として今後の臨床応用が期待できると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  次世代の降圧薬①ARNi