メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく

ログインはこちら

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

キャンペーンコードをお持ちの方はこちら

メディカルトリビューンウェブについて詳しく(サービスご案内) 

 学会レポートへ戻る

次世代の降圧薬①ARNi

心不全治療薬として開発進む新規クラスの降圧薬

学会レポート | 2016.10.11 17:35

 降圧薬は治療満足度、薬剤貢献度ともに高く選択肢が充実しつつあり、新規の薬剤には血圧低下だけでなく、腎障害や心不全などに対する臓器保護的な作用も求められる。アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬 (ARNi)LCZ696は新しいクラスの薬剤で、日本では心不全患者を対象に第Ⅲ相臨床試験が進行している。第39回日本高血圧学会(9月30日~10月2日)で新規高圧薬の必要性についてシンポジウムが開催され、熊本大学大学院腎臓内科学分野教授の向山政志氏は、ARNiは新規の降圧・心不全治療薬として今後の臨床応用が期待できると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    老人ホームの朝食がランチパック?!

  2. 2

    医療機関にもっとマネジメントを

  3. 3

    予定帝王切開が小児喘息と関係する可能性

  4. 4

    子宮頸がん一次予防に初の国際ガイドライン

  5. 5

    変形性股関節症に新指針―米整形外科学会

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  次世代の降圧薬①ARNi