メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 学会レポートへ戻る

次世代の降圧薬①ARNi

心不全治療薬として開発進む新規クラスの降圧薬

学会レポート | 2016.10.11 17:35

 降圧薬は治療満足度、薬剤貢献度ともに高く選択肢が充実しつつあり、新規の薬剤には血圧低下だけでなく、腎障害や心不全などに対する臓器保護的な作用も求められる。アンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害薬 (ARNi)LCZ696は新しいクラスの薬剤で、日本では心不全患者を対象に第Ⅲ相臨床試験が進行している。第39回日本高血圧学会(9月30日~10月2日)で新規高圧薬の必要性についてシンポジウムが開催され、熊本大学大学院腎臓内科学分野教授の向山政志氏は、ARNiは新規の降圧・心不全治療薬として今後の臨床応用が期待できると述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  4. 4

    維持できない体重減量はしない方がましか

  5. 5

    注目ワード「ケトン体」、これだけは知っておきたい

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  次世代の降圧薬①ARNi

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05504924有効期限:5月末まで