メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

胃に大きな毛髪の塊が―ラプンツェル症候群

BMJ系列誌で症例報告

 2016年10月11日 17:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 塔の上に閉じ込められた長く美しい黄金の髪を持つ少女ラプンツェルのストーリーは、今も世界中の子供たちに読み継がれているグリム童話の1つ。その少女の名前が付けられた「ラプンツェル症候群」をご存じだろうか。同症候群は自分の毛髪を抜かずにはいられない抜毛症、そして抜いた毛を食べ続けてしまう食毛症に関連した極めてまれな病態で、食べた髪の毛が塊となって胃腸に残留することを特徴とする。これまでに報告されている症例の約8割は女児や10歳代の若い女性だが、米・University of ArizonaのWaqas Ullah氏らは低蛋白血症を呈した中年女性のまれな症例についてBMJ Case Rep2016年9月26日オンライン版)で報告した。同氏らがこの女性に開腹術を施行したところ、胃の内部から15×10cmもの大きさのボール状になった毛髪の塊が見つかったという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  胃に大きな毛髪の塊が―ラプンツェル症候群

error in template: found but mtif was expected