メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

小児の潜在性結核感染症は同居者が感染源

大阪市の小児接触者健診の現状

 2016年10月12日 15:50
プッシュ通知を受取る

 わが国の結核罹患率は緩やかな低下傾向が続いているが、2014年の罹患数は10万人当たり15.4人と欧米の先進国と比較して約3〜4倍で、いまだ罹患者が多い中蔓延国である。小児の潜在性結核感染症(LTBI)では同居者が感染源になることが多く、診断には接触者健診が大きな役割を果たす。大阪市保健所の小向潤氏は、大阪市における小児接触者健診の現状を紹介し、「小児のLTBI対策では、感染源となる成人の早期受診・早期発見と正確な診断が重要となる」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  小児の潜在性結核感染症は同居者が感染源

error in template: found but mtif was expected