メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  小児の潜在性結核感染症は同居者が感染源

小児の潜在性結核感染症は同居者が感染源

大阪市の小児接触者健診の現状

 2016年10月12日 15:50
プッシュ通知を受取る

 わが国の結核罹患率は緩やかな低下傾向が続いているが、2014年の罹患数は10万人当たり15.4人と欧米の先進国と比較して約3〜4倍で、いまだ罹患者が多い中蔓延国である。小児の潜在性結核感染症(LTBI)では同居者が感染源になることが多く、診断には接触者健診が大きな役割を果たす。大阪市保健所の小向潤氏は、大阪市における小児接触者健診の現状を紹介し、「小児のLTBI対策では、感染源となる成人の早期受診・早期発見と正確な診断が重要となる」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球4強出揃う。優勝は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  小児の潜在性結核感染症は同居者が感染源

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08504940 有効期限:8月末まで