メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

オープンダイアローグで発達障害を治療

 2016年10月13日 10:35
プッシュ通知を受取る

 オープンダイアローグ(OD)には発達障害に対する治療法としての可能性がある。日本思春期学会は発達障害に対する薬物治療には限界があり、多職種の介入が重要であるとの認識の基、昨年(2015年)「発達障害の観点から再検討する思春期の問題行動・危険行動委員会」を設置、発達障害に対する包括的・効果的な支援の在り方、を検討している。同委員会委員長で筑波大学大学院社会精神保健学教授の斎藤環氏が第35回同学会(8月27~28日)で発達障害とODの可能性について講演した。〔読み解くためのキーワード:オープンダイアローグ

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  オープンダイアローグで発達障害を治療