メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  がん治療を理解する循環器医が必要

がん治療を理解する循環器医が必要

 2016年10月13日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 分子標的薬を含むがん治療の進歩により、がん治癒率が向上、がん治療が長期化、がんサバイバーが増加する中、心血管系合併症(心毒性)により循環器に関する診療を必要とするがん症例が増加している。大阪府立成人病センター循環器内科主任部長の向井幹夫氏は第64回日本心臓病学会(9月23~25日)のシンポジウム「重要性を増すCardio-Oncology」で講演し、「がん診療科と循環器内科が協力してがんと循環器領域の診療を行う腫瘍循環器学(Onco-Cardiology)、がん治療を理解する循環器医が必要とされている」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  がん治療を理解する循環器医が必要

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07504943 有効期限:7月末まで