メニューを開く 検索 ログイン

がん治療を理解する循環器医が必要

2016年10月13日 07:00

1名の医師が参考になったと回答 

 分子標的薬を含むがん治療の進歩により、がん治癒率が向上、がん治療が長期化、がんサバイバーが増加する中、心血管系合併症(心毒性)により循環器に関する診療を必要とするがん症例が増加している。大阪府立成人病センター循環器内科主任部長の向井幹夫氏は第64回日本心臓病学会(9月23~25日)のシンポジウム「重要性を増すCardio-Oncology」で講演し、「がん診療科と循環器内科が協力してがんと循環器領域の診療を行う腫瘍循環器学(Onco-Cardiology)、がん治療を理解する循環器医が必要とされている」と述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  がん治療を理解する循環器医が必要

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504943 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外