メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 薬剤情報へ戻る

アトピー性皮膚炎がdupilumabで改善

2件の第Ⅲ相試験結果から

薬剤情報 | 2016.10.13 10:40

 インターロイキン4(IL-4)受容体αサブユニットに対するヒトモノクローナル抗体dupilumabによる全身療法はプラセボとの比較でアトピー性皮膚炎の症状を有意に改善させ、安全面での重大な問題は生じていない。中等度~重度のアトピー性皮膚炎成人患者を対象にdupilumabとプラセボを比較した2件の第Ⅲ相試験の結果を、米・Oregon Health and Science UniversityのE. L. Simpson氏らがN Engl J Med2016年10月1日オンライン版)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    医師の職位低いと燃え尽き度が悪化

  3. 3

    うつ病関連の不定愁訴があればすぐ介入を

  4. 4

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  5. 5

    ケトン体サプリメントで持久力が向上

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  薬剤情報 >  アトピー性皮膚炎がdupilumabで改善