メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  骨折対策、「10年後では手遅れ」

骨折対策、「10年後では手遅れ」

国際骨粗鬆症財団が枠組み示す

 2016年10月13日 16:45
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)IOF

 国際骨粗鬆症財団(IOF)は10月10日、骨の健康における課題と解決策に関する報告書"Gaps and Solutions in Bone Health; A Global Framework for Improvement"を公式サイトで公表した。10月20日の世界骨粗鬆症デーを前に、英国・University of SouthamptonのNicholas C. Harvey氏らがまとめた。報告書では「世界的な人口の高齢化を背景に、脆弱性骨折による人々の健康や社会経済への負担は今後も増大し続ける」として、優先して取り組むべき10の課題とその解決策を提示。IOF理事長のJohn A. Kanis氏は「骨の健康管理に最善を尽くさなくてはならないのは今だ。10年後、20年後では手遅れになる」と呼びかけている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  骨折対策、「10年後では手遅れ」

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12504958 有効期限:12月末まで