メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新設された「高度肥満症」、抗肥満薬の開発が鍵

新設された「高度肥満症」、抗肥満薬の開発が鍵

肥満症診療ガイドライン刊行から半年

 2016年10月13日 13:50
プッシュ通知を受取る

 今年(2016年)4月、日本肥満学会から「肥満症診療ガイドライン2016」が発刊された。同ガイドラインの従来指針からの大きな変更点は、「高度肥満」「高度肥満症」のカテゴリーが新設されたことだ(関連記事1関連記事2)。第37回日本肥満学会(10月7~8日)では同ガイドラインの骨子が紹介されるとともに、今後の課題として肥満症治療薬の開発が議論された。薬物療法は、特に高度肥満症の治療において重要な選択肢になるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新設された「高度肥満症」、抗肥満薬の開発が鍵

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10504968 有効期限:10月末まで