メニューを開く 検索 ログイン

高齢者の心不全治療に指針

日本心不全学会からステートメント

2016年10月14日 17:40

 日本心不全学会は10月7日、同学会のガイドライン委員会がまとめた「高齢心不全患者の治療に関するステートメント」を公式サイトで公表した。現行ガイドラインでは高齢患者への対応に関する記載が不十分だとして、約2年の議論を経て策定されたという。高齢者の心不全の診断や治療、リハビリテーション、終末期医療などに関する計7章で構成された全56ページに及ぶ文書で、最新知見の概要とともにそれぞれの領域における同学会による指針が示されている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  高齢者の心不全治療に指針

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504981 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外