メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

膵がん治療でオピオイド"節約効果"

IASP 2016、スペイン研究で示唆

 2016年10月17日 07:15
プッシュ通知を受取る

 しばしば激痛を経験する膵がん患者への疼痛治療において、神経障害性疼痛緩和薬は有効かー。横浜で開催された第16回国際疼痛学会(IASP 2016、9月26〜30日)において、スペイン・Hospital Del Mar麻酔科疼痛班のChristian Dürsteler氏らによる研究の中間報告が行われた。報告によると、オピオイドなどを用いたがん疼痛緩和治療の標準治療に神経障害性疼痛緩和薬プレガバリンを追加したところ、オピオイドの投与量が大幅に軽減されたという。face

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  膵がん治療でオピオイド"節約効果"