メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

膵がん治療でオピオイド"節約効果"

IASP 2016、スペイン研究で示唆

学会レポート | 2016.10.17 07:15

 しばしば激痛を経験する膵がん患者への疼痛治療において、神経障害性疼痛緩和薬は有効かー。横浜で開催された第16回国際疼痛学会(IASP 2016、9月26〜30日)において、スペイン・Hospital Del Mar麻酔科疼痛班のChristian Dürsteler氏らによる研究の中間報告が行われた。報告によると、オピオイドなどを用いたがん疼痛緩和治療の標準治療に神経障害性疼痛緩和薬プレガバリンを追加したところ、オピオイドの投与量が大幅に軽減されたという。face

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  3. 3

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    がん患者の脱毛、頭皮冷却装置で半数が頭髪維持

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  膵がん治療でオピオイド"節約効果"