メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

膵がん治療でオピオイド"節約効果"

IASP 2016、スペイン研究で示唆

学会レポート | 2016.10.17 07:15

 しばしば激痛を経験する膵がん患者への疼痛治療において、神経障害性疼痛緩和薬は有効かー。横浜で開催された第16回国際疼痛学会(IASP 2016、9月26〜30日)において、スペイン・Hospital Del Mar麻酔科疼痛班のChristian Dürsteler氏らによる研究の中間報告が行われた。報告によると、オピオイドなどを用いたがん疼痛緩和治療の標準治療に神経障害性疼痛緩和薬プレガバリンを追加したところ、オピオイドの投与量が大幅に軽減されたという。face

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  膵がん治療でオピオイド"節約効果"