メニューを開く 検索 ログイン

次世代の降圧薬②エンドセリン受容体拮抗薬

既存薬にない特性や効果に期待

2016年10月17日 07:10

 現在、日本では肺高血圧症に対して3種類のエンドセリン受容体拮抗薬(ERA)が上市されているが、いずれも高血圧症を適応としておらず、強力な活性を持つERAの開発が期待されている。これまで、ETA・ETB受容体やアンジオテンシン受容体・エンドセリン受容体の両者を遮断する薬剤による血圧や臓器障害への影響について複数の検討がされており、筑波大学循環器内科教授の宮内卓氏は、新規ERAは既存の降圧薬にはない効果や特性を持ちうる可能性があると第39回日本高血圧学会(9月30~10月2日)で展望した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  次世代の降圧薬②エンドセリン受容体拮抗薬

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD504978 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外