メニューを開く 検索を開く ログイン
花粉症対策2017をチェック 詳しく
 学会レポートへ戻る

次世代の降圧薬②エンドセリン受容体拮抗薬

既存薬にない特性や効果に期待

学会レポート | 2016.10.17 07:10

 現在、日本では肺高血圧症に対して3種類のエンドセリン受容体拮抗薬(ERA)が上市されているが、いずれも高血圧症を適応としておらず、強力な活性を持つERAの開発が期待されている。これまで、ETA・ETB受容体やアンジオテンシン受容体・エンドセリン受容体の両者を遮断する薬剤による血圧や臓器障害への影響について複数の検討がされており、筑波大学循環器内科教授の宮内卓氏は、新規ERAは既存の降圧薬にはない効果や特性を持ちうる可能性があると第39回日本高血圧学会(9月30~10月2日)で展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    AFの脳梗塞予防療法、8割が不適切

  2. 2

    PCSK9阻害薬で初、心血管イベント抑制

  3. 3

    無罪判決に桑島氏が見解

  4. 4

    低用量リバーロキサバンでVTE再発リスク減

  5. 5

    医師国試、合格率は88.7%自治医科大は100%〔CBnews〕

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  次世代の降圧薬②エンドセリン受容体拮抗薬