メニューを開く 検索を開く ログイン

7職種で挑む入院型慢性疼痛治療

福島医大・髙橋直人氏らがIASP 2016で報告

 2016年10月18日 07:05
プッシュ通知を受取る

 外傷や疾患が治癒しても疼痛が持続する慢性疼痛。さまざまな背景因子が混在し、患者ごとにライフスタイルや治療目標も異なるため、多職種によるチーム医療が不可欠といえる。既に米国では1960年代から取り組みが始まっている一方、日本ではまだ黎明期にあり、確立した疼痛治療・管理体制が求められている。こうした中、福島県立医科大学疼痛医学講座教授の矢吹省司氏、同准教授の髙橋直人氏、同特任准教授で東京大学病院麻酔科・痛みセンター助教の笠原諭氏らは昨年(2015年)、整形外科医や臨床心理士、薬剤師や管理栄養士など7つの職種が連携する、入院による慢性疼痛治療プログラムをスタートさせた。第16回国際疼痛学会(IASP 2016、9月26〜30日)で、髙橋氏らによる中間報告が行われた。

photo

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  7職種で挑む入院型慢性疼痛治療