メニューを開く 検索 ログイン

アダリムマブ、非感染性ぶどう膜炎の適応追加

2016年10月18日 07:15

後藤氏 ぶどう膜炎は眼球内の虹彩、毛様体、脈絡膜の総称であるぶどう膜に炎症を来す疾患であり、不可逆的な視力低下や失明の他、白内障や緑内障といった合併症を引き起こす可能性がある。10月4日に都内で開かれたプレスセミナー(主催:アッヴィ合同会社/エーザイ)において、東京医科大学臨床医学系眼科学分野主任教授の後藤浩氏は、TNF阻害薬アダリムマブが非感染性ぶどう膜炎の適応追加を取得したことで治療選択肢が広がったと評価する一方で、使用に当たっては全身管理の体制が整った施設で行うべきと強調した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  アダリムマブ、非感染性ぶどう膜炎の適応追加

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで