メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  ニボルマブ、頭頸部扁平上皮がんでもOS延長

ニボルマブ、頭頸部扁平上皮がんでもOS延長

 2016年10月19日 07:05
プッシュ通知を受取る

 再発・転移性頭頸部扁平上皮がん(HNSCC)に対する免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブと治験医師選択治療を比較したCheckMate-141試験は、ニボルマブが全生存期間(OS)を有意に延長することが分かったため有効中止となり、今年(2016年)の米国臨床腫瘍学会(ASCO)で報告されている。同試験の結果がN Engl J Med(2016年10月8日オンライン版)でも発表された。また、今年の日本臨床腫瘍学会では、同試験の結果と共に日本人のサブ解析についても報告されており、国立がん研究センター東病院頭頸部内科長の田原信氏は「ニボルマブは毒性が低く、QOLの悪化もなくOS延長を示したことから、再発・転移性HNSCC患者に対する新たな標準治療といえる」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  ニボルマブ、頭頸部扁平上皮がんでもOS延長

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02504977 有効期限:2月末まで