メニューを開く 検索 ログイン

内科医のSGLT2阻害薬投与率は10%

日本臨床内科医会アンケート

2016年10月20日 07:15

 2014年にSGLT2阻害薬が臨床で使用可能となり、糖尿病治療薬の種類が増加した。その一方で、高齢者に対する投与は注意を要する。日本臨床内科医会は会員の内科医を対象にSGLT2阻害薬の使用状況についてアンケートを行い、第30回同学会(10月9~10日)で結果を発表した。同会内分泌・代謝班班長で土井内科(京都府宇治市)院長の土井邦紘氏は糖尿病患者へのSGLT2阻害薬投与率が10%にとどまっていたことを踏まえ、「SGLT2阻害薬への関心は高いものの、副作用への懸念から慎重に使用している姿勢がうかがえた」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  内科医のSGLT2阻害薬投与率は10%