メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  乳がんの転移巣に原発巣と異なる遺伝子変異

乳がんの転移巣に原発巣と異なる遺伝子変異

的確な治療選択のため腫瘍内不均一性の解析を

 2016年10月20日 07:20
プッシュ通知を受取る

 乳がんは、診断時の生検または手術時の原発巣の解析に基づいて治療法が選択され、一定の効果が得られている。しかし、近年の次世代シークエンス(NGS)解析により、腫瘍の多様性が治療抵抗性と深く関連することが示唆される。そこで、山梨県立中央病院外科の中込博氏は、NGS解析、バイオインフォマティック解析により原発巣と転移巣の腫瘍内不均一性(ITH;Intra-Tumor Heterogeneity)を調べた。ITHの解析で腫瘍のプロファイルを知ることにより、的確な治療選択が可能になるという。〔読み解くためのキーワード:腫瘍内不均一性

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  乳がんの転移巣に原発巣と異なる遺伝子変異

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505020 有効期限:10月末まで