メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  がん患者が薬剤師に求めるもの

がん患者が薬剤師に求めるもの

“的確かつ配慮された情報”には現状より高い支払いもOK

 2016年10月20日 07:05
プッシュ通知を受取る

 薬剤師の服薬説明は患者の役に立っているのだろうか−。東京医科大学病院薬剤部の東加奈子氏らが、がん患者が薬剤師に求めていることを調査した結果、がん患者は"提供される情報の質"を重視し、"的確かつ配慮された情報を提供する薬剤師"を強く求めており、そのためには現状より高い金額を支払ってもよいと考えていることが分かった。同氏は「患者が困っていることを解決するために医療がある。薬剤師ができる服薬説明もその一翼を担うことができ、患者のQOL向上に役立つと考えている」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  がん患者が薬剤師に求めるもの

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09505026 有効期限:9月末まで