メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  保険診療とガイドラインの乖離

保険診療とガイドラインの乖離

治療の均てん化から考察

 2016年10月21日 07:05
プッシュ通知を受取る

  「がん医療の均てん化」は、全国どこでもがんの標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術などの格差の是正を図ることである。しかし、実際には保険診療と診療ガイドライン(GL)の間には一部ずれが存在し、それが地域間の差につながることもある。国立病院機構北海道がんセンター乳腺外科の高橋將人氏は、治療の均てん化からGLについて考察し、「GLは保険診療審査の均てん化や保険適用獲得にも役立っている」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  保険診療とガイドラインの乖離

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10505025 有効期限:10月末まで