メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

緑内障点眼薬が血流を改善させる可能性も

動物実験や臨床研究で検討

 2016年10月22日 07:00
プッシュ通知を受取る

 眼血流の改善は緑内障治療のポイントの1つである。東邦大学医療センター大橋病院眼科の安樂礼子氏は、さまざまな緑内障点眼薬の血流改善効果を、動物実験や臨床研究による報告を基にレビューし、その有用性を論じ、多くの緑内障点眼薬が眼圧下降だけでなく血流改善効果も見込める可能性があることを第27回日本緑内障学会(9月17~19日)で示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  緑内障点眼薬が血流を改善させる可能性も

error in template: found but mtif was expected