メニューを開く 検索 ログイン

日本発の経口可能な肺高血圧治療薬

対プラセボで病態悪化/死亡リスクを約4割抑制

2016年10月23日 07:00

 日本新薬は肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬セレキシパグ(商品名ウプトラビ)の製造販売承認を受け、10月18日にプレスセミナーを開催した。同薬は同社が創製した新規化合物で、アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパンと国内で共同開発した、経口投与が可能な持続型選択的プロスタサイクリン受容体(IP受容体)作動薬。登壇した国⽴循環器病研究センター肺⾼⾎圧症先端医学研究部特任部⻑の⼤郷剛氏は「待ち望まれた理想的な製剤であり、今後のPAH治療を大きく変える可能性がある」と述べた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  日本発の経口可能な肺高血圧治療薬