メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  次世代の降圧薬④ACE2賦活薬とMas受容体刺激薬

次世代の降圧薬④ACE2賦活薬とMas受容体刺激薬

臓器保護薬としての開発が妥当か

 2016年10月24日 11:50
プッシュ通知を受取る

 高血圧治療薬は治療満足度、薬剤貢献度ともに高いことがわが国の調査で報告されている。しかし、3種類以上の降圧薬を服用しても降圧目標に達しない治療抵抗性高血圧患者が高血圧患者全体の2割程度存在するとされ、新規降圧薬の開発が求められているのが現状である。第39回日本高血圧学会総会(9月30~10月2日)で新規高圧薬に関するシンポジウムが開催され、鹿児島大学大学院心臓血管・高血圧内科学教授の大石充氏は、アンジオテンシン変換酵素(ACE)2賦活薬とMas受容体刺激薬は降圧薬としてではなく臓器保護薬として期待が持てる薬剤だと展望した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球4強出揃う。優勝は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  次世代の降圧薬④ACE2賦活薬とMas受容体刺激薬

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08505043 有効期限:8月末まで