メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  一般外来患者の4割はCOPDの予備軍か

一般外来患者の4割はCOPDの予備軍か

日本臨床内科医会アンケート

 2016年10月25日 07:05
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省の人口動態統計では、慢性閉塞性肺疾患(COPD)による死亡者数は2014年の死因別死亡者数で10位だったが、疾患に対する認知度は低く潜在患者が相当数存在すると予測されている。日本臨床内科医会は会員を対象に、呼吸器疾患以外の一般的な疾患で通院中の患者におけるCOPDの併存状況についてアンケートを行い、40%の患者でCOPDの可能性があることを第30回同学会(10月9日~10日)で明らかにした。同会学術部呼吸班班長で土屋内科医院院長の土屋智氏は、一般外来患者にもCOPDの精査や治療が必要である可能性が高いことを指摘した。 

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  一般外来患者の4割はCOPDの予備軍か

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505055 有効期限:6月末まで