メニューを開く 検索 ログイン

救え!超急性期脳梗塞~移動式血栓除去チーム

2016年10月25日 07:10

 石川県では2016年現在、14の医療施設で組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)静注療法が可能だが、その全てで血管内手術が行えるわけではない。そこで、金沢大学脳神経外科講師(臨床准教授)の内山尚之氏らは、移動式血栓除去チーム(Kanazawa embolectomy team ; KMET)を組織し、血管内治療が行えない施設に出張診療を実施している。KMETは脳血管内治療指導医3人と修練医2人から成り、関連施設から血管内再開通治療要請があった場合、そのうち2人が出向いて治療を行うという。同氏は、第75回日本脳神経外科学会(9月29日~10月1日)でその初期治療成績を分析した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  救え!超急性期脳梗塞~移動式血栓除去チーム

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505070 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外