メニューを開く 検索を開く ログイン

酸化ストレスの指標が血糖変動を反映か

 2016年10月25日 07:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 国立病院機構熊本医療センター糖尿病・内分泌内科部長の西川武志氏は、糖尿病合併症予防におけるHbA1cの意義と限界を考察し、他の血糖関連指標について合併症予防指標としての可能性を検討。1, 5-AGや酸化ストレス指標が血糖変動の指標となる可能性を、第31回日本糖尿病合併症学会・第22回日本糖尿病眼学会(10月7~8日)の合同シンポジウム「合併症のリスク因子~その指標を考える~」で示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  酸化ストレスの指標が血糖変動を反映か

error in template: found but mtif was expected