メニューを開く 検索を開く ログイン
【重要】2/22(金)サイトメンテナンスのお知らせ(詳細はこちら)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  酸化ストレスの指標が血糖変動を反映か

酸化ストレスの指標が血糖変動を反映か

 2016年10月25日 07:15
プッシュ通知を受取る

 国立病院機構熊本医療センター糖尿病・内分泌内科部長の西川武志氏は、糖尿病合併症予防におけるHbA1cの意義と限界を考察し、他の血糖関連指標について合併症予防指標としての可能性を検討。1, 5-AGや酸化ストレス指標が血糖変動の指標となる可能性を、第31回日本糖尿病合併症学会・第22回日本糖尿病眼学会(10月7~8日)の合同シンポジウム「合併症のリスク因子~その指標を考える~」で示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

平成の医療事件、最も印象に残るのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  酸化ストレスの指標が血糖変動を反映か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

ご利用は完全無料
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの方は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換できます

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02505073 有効期限:2月末まで