メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  出生順位が遅いと喘息リスク高い

出生順位が遅いと喘息リスク高い

第1子・2子・3子のアレルギー疾患罹患率を調査

 2016年10月26日 07:10

 出生順位が遅いほど幼児期に感染を受けやすいとの報告があり、出生順位と出生後の環境との関連が指摘されている。アレルギー疾患でも衛生仮説に代表されるように、環境の変化が罹患に影響を及ぼすといわれており、幼小児における罹患率上昇が問題視されている。ただし、幼小児期における環境とアレルギー疾患との関係は明らかでない点が多い。そこで、岡山大学病院小児科の吉川知伸氏らは厚生労働省21世紀出生縦断研究データを用い、出生第1子、第2子、第3子のアレルギー疾患罹患率を検討。その結果から、「出生順位が遅い児ほど、幼児期の喘息、アトピー性皮膚炎・湿疹罹患率が高い一方、食物アレルギーは低かった」と、第53回日本小児アレルギー学会(10月8~9日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    「ポケモンGO」でメンタルヘルスが改善

  2. 2

    SGLT2阻害薬+インスリン併用の長期治療を検討

  3. 3

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  4. 4

    米国成人糖尿病患者180万人が高リスクCKD

  5. 5

    Q:女医の割合が少ない国は?

  6. 6

    透析開始前の低SBPが開始後死亡増加と関係

  7. 7

    Hydoro-Release上級技を教えます

  8. 8

    オプジーボは単独、併用ともに生存を延長

  9. 9

    新専門医制度、賛成?反対?その理由は?

  10. 10

    糖尿病患者にとって仕事上の障壁は

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  5. 5

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  6. 6

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  7. 7

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  8. 8

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  9. 9

    <第17回>ADLなどに関係なく問題となる「高齢者の便秘」

  10. 10

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  出生順位が遅いと喘息リスク高い

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P09505072有効期限:9月末まで