メニューを開く 検索 ログイン

出生順位が遅いと喘息リスク高い

第1子・2子・3子のアレルギー疾患罹患率を調査

 2016年10月26日 07:10
プッシュ通知を受取る

 出生順位が遅いほど幼児期に感染を受けやすいとの報告があり、出生順位と出生後の環境との関連が指摘されている。アレルギー疾患でも衛生仮説に代表されるように、環境の変化が罹患に影響を及ぼすといわれており、幼小児における罹患率上昇が問題視されている。ただし、幼小児期における環境とアレルギー疾患との関係は明...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

3回目のコロナワクチン、先生自身の接種は?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  出生順位が遅いと喘息リスク高い

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:12月末まで