メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 学会レポートへ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

出生順位が遅いと喘息リスク高い

第1子・2子・3子のアレルギー疾患罹患率を調査

学会レポート | 2016.10.26 07:10

 出生順位が遅いほど幼児期に感染を受けやすいとの報告があり、出生順位と出生後の環境との関連が指摘されている。アレルギー疾患でも衛生仮説に代表されるように、環境の変化が罹患に影響を及ぼすといわれており、幼小児における罹患率上昇が問題視されている。ただし、幼小児期における環境とアレルギー疾患との関係は明らかでない点が多い。そこで、岡山大学病院小児科の吉川知伸氏らは厚生労働省21世紀出生縦断研究データを用い、出生第1子、第2子、第3子のアレルギー疾患罹患率を検討。その結果から、「出生順位が遅い児ほど、幼児期の喘息、アトピー性皮膚炎・湿疹罹患率が高い一方、食物アレルギーは低かった」と、第53回日本小児アレルギー学会(10月8~9日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

  1. 1

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  2. 2

    造影剤腎症にデータで対抗する

  3. 3

    ハーボニー偽造品の流通で注意喚起

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    PPIが精子の質に悪影響

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  出生順位が遅いと喘息リスク高い