メニューを開く 検索を開く ログイン

キイトルーダ、米で肺がん一次治療承認

日本でも早期承認を学会が要望

 2016年10月26日 17:45
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は10月24日、免疫チェックポイント阻害薬の抗PD-1抗体であるペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、PD-L1高発現(強陽性)と診断された非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療における適応を承認した。また日本肺癌学会は10月25日、厚生労働大臣の塩崎恭久氏に対して、PD-1強陽性進行NSCLCに対する同薬の一次治療の早期承認を求める要望書を提出した。同要望書では、PD-L1のコンパニオン診断キットであるDAKO社の22C抗体についても同様の早期承認を求めている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  がん »  キイトルーダ、米で肺がん一次治療承認

error in template: found but mtif was expected