メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  がん »  キイトルーダ、米で肺がん一次治療承認

キイトルーダ、米で肺がん一次治療承認

日本でも早期承認を学会が要望

 2016年10月26日 17:45

 米食品医薬品局(FDA)は10月24日、免疫チェックポイント阻害薬の抗PD-1抗体であるペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)について、PD-L1高発現(強陽性)と診断された非小細胞肺がん(NSCLC)の一次治療における適応を承認した。また日本肺癌学会は10月25日、厚生労働大臣の塩崎恭久氏に対して、PD-1強陽性進行NSCLCに対する同薬の一次治療の早期承認を求める要望書を提出した。同要望書では、PD-L1のコンパニオン診断キットであるDAKO社の22C抗体についても同様の早期承認を求めている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  がん »  キイトルーダ、米で肺がん一次治療承認

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505108 有効期限:10月末まで