メニューを開く 検索 ログイン

救え!超急性期脳卒中~遠隔診断活用で

Telestroke×Drip ship approach

2016年10月27日 07:05

 テレビ会議システムを利用した画像診断補助システムであるTelestroke()と、初療施設で組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)静注療法を行った後に、血管内治療専門医(以下専門医)がいる病院へ患者を搬送することで救命率の上昇を図るDrip ship approach。この2つの手法を組み合わせた脳卒中診療体制について山口大学脳神経外科講師の石原秀行氏は、その診療状況や治療成績、安全性や時間経過について第75回日本脳神経外科学会(9月29日~10月1日)で検討した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  救え!超急性期脳卒中~遠隔診断活用で

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505086 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外