メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  循環器 »  「心不全患者の睡眠時無呼吸へのASV」で提言

「心不全患者の睡眠時無呼吸へのASV」で提言

日本循環器学会と日本心不全学会から「ステートメント第2報」

 2016年10月28日 07:00

 中枢性睡眠時無呼吸を合併する慢性心不全患者において、適応補助換気(ASV)によって死亡リスクが高まったとするSERVE-HF試験の結果発表をきっかけに、国内外でASVの位置付けをめぐって議論が続いている。こうした中、日本循環器学会と日本心不全学会は10月18日付で「心不全症例におけるASV適正使用に関するステートメント(第2報)」を公表した。両学会は昨年(2015年)5月に同試験の中間解析結果が発表されたことを受け、ステートメントの第1報で「SERVE-HF試験の被験者と同じ状態の患者に対してはASVの新規導入は控える」ことなどを提言していたが、その後発表された同試験の最終解析データを検証したところ、同試験の結果のみによる診療指針の決定には問題があると判断。他の研究データや国内外の関係学会の対応などを考慮した上で、第2報として現時点での両学会の見解をまとめたとしている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  循環器 »  「心不全患者の睡眠時無呼吸へのASV」で提言

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505493 有効期限:10月末まで