メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  循環器 »  AED使用で社会復帰率が2倍に

AED使用で社会復帰率が2倍に

院外心停止患者への市民による除細動普及効果を検討

 2016年10月28日 15:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 自動体外式除細動器(AED)の使用により院外心停止からの社会復帰者率が2倍になる。大阪大学社会医学講座環境医学の北村哲久氏、京都大学環境安全保健機構健康管理部門/健康科学センター教授の石見拓氏らが2005~13年の総務省消防庁の全国前向きウツタイン登録データを解析した結果をN Engl J Med2016; 375: 1649-1659)に発表した。心停止を目撃した一般市民からAEDを用いた除細動を受けることで、院外心室細動心停止患者の1カ月後の神経学的転帰が良好な生存者数が約2倍に有意に増加したことを明らかにした。〔解説:大阪大学社会医学講座環境医学・北村哲久氏

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  循環器 »  AED使用で社会復帰率が2倍に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505496 有効期限:6月末まで