メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  国家規模のAED普及が心臓突然死対策に有効

国家規模のAED普及が心臓突然死対策に有効

大阪大学社会医学講座環境医学 北村哲久

 2016年10月28日 15:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

〔編集部から〕 2005~13年の総務省消防庁の全国前向きウツタイン登録データを用いた自動体外式除細動器(automated external defibrillator;AED)普及効果に関する研究の結果(関連記事)について、同論文の筆頭執筆者で大阪大学社会医学講座環境医学の北村哲久氏にコメントしてもらった。〔関連記事:AED使用で社会復帰が2倍に

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  国家規模のAED普及が心臓突然死対策に有効

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505499 有効期限:6月末まで