メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  毛布も枕もNG―乳児の突然死予防に新指針

毛布も枕もNG―乳児の突然死予防に新指針

米国小児科学会

2016年11月01日 07:05

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 米国小児科学会(AAP)は10月24日、乳幼児突然死症候群(SIDS)などによる睡眠中の乳児死亡を予防するための安全な睡眠環境に関するガイドライン(GL)"SIDS and Other Sleep-Related Infant Deaths: Updated 2016 Recommendations for a Safe Infant Sleeping Environment"をPediatrics2016;138: e20162938)で公表した。2011年以来、5年ぶりの改訂。前GLから大幅な変更はないが、4カ月未満の乳児だけでなく4カ月以上の乳児でもベッドに毛布や枕などの柔らかい物があるとSIDSリスクが高まるとの新たなエビデンスに基づき、改訂が行われた。また、早期母子接触(skin-to-skin care)を勧める記述などが加えられた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  毛布も枕もNG―乳児の突然死予防に新指針