メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  連日内服の生涯投与にサヨナラ?

連日内服の生涯投与にサヨナラ?

高血圧ワクチンの安全性と有効性

 2016年11月02日 07:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 大阪大学大学院健康発達医学寄附講座教授の中神啓徳氏らは、アンジオテンシン(Ang)Ⅱに対する抗AngⅡ抗体を誘導して降圧作用を発揮するAngⅡワクチンを開発し、現在、臨床応用を目指している。標的が内在性であるが故に安全性が懸念されたが、動物実験によりこの問題が払拭された。連日内服での生涯投与が基本の高血圧治療が、年に数回の接種に置き換わるかもしれない。同ワクチンの降圧・臓器保護効果について同氏は、第39回日本高血圧学会(9月30日~10月2日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  連日内服の生涯投与にサヨナラ?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07505514 有効期限:7月末まで