メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  顎骨壊死の防止に向け、医科歯科連携強化を

顎骨壊死の防止に向け、医科歯科連携強化を

骨粗鬆症学会アンケート結果より

 2016年11月04日 07:05
プッシュ通知を受取る

 これまで治療実態に応じた骨折予防効果を大規模に検証してきた骨粗鬆症至適療法研究会(A-TOP研究会)では昨年、顎骨壊死に関する緊急アンケート(A-TOP調査)の結果が報告されたが、対象者数が少なかったため、その信頼性には若干の疑問が残された。そこで、松本歯科大学歯科放射線学講座教授の田口明氏は、日本骨粗鬆症学会所属の全医師を対象にアンケートを実施し、より妥当性の高い結果を示すとともに、種々の回答項目から、顎骨壊死を防止するためには、医科歯科連携をよりいっそう強化する必要性があると第18回日本骨粗鬆症学会(10月6~8日)で訴えた。〔関連記事:骨粗鬆症治療薬の適切な使い分け近々公表へ、読み解くためのキーワード:顎骨壊死

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

自分の病院の外来にかかっていますか?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  顎骨壊死の防止に向け、医科歯科連携強化を

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12505520 有効期限:12月末まで