メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  国産のがん治療用ウイルス、開発進む

国産のがん治療用ウイルス、開発進む

第三世代遺伝子組み換えウイルスによる新たな治療法

 2016年11月04日 11:50
プッシュ通知を受取る

 東京大学医科学研究所先端がん治療分野教授の藤堂具紀氏は、同氏らが開発した第三世代型遺伝子組み換え単純ヘルペスウイルスⅠ型(HSV-1)G47Δを用いたウイルス療法の臨床研究について、第75回日本癌学会(10月8~10日)で報告。現在は膠芽腫に対するG47Δの第Ⅱ相医師主導治験が進行中であり、同ウイルス療法が厚生労働省から先駆け審査指定制度の対象品目に指定されたことで、新薬として迅速承認の期待がかかることなどを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  国産のがん治療用ウイルス、開発進む

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505534 有効期限:6月末まで