メニューを開く 検索 ログイン

院内心停止への低体温療法は有害な可能性

【海外短報】

2016年11月04日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 院内心停止後に蘇生に成功し低体温療法を受けた患者は、同療法非施行の患者と比べ生存退院率および神経学的予後が不良であると、米・Saint Luke's Mid America Heart InstituteなどのグループがJAMAの(2016; 316:1375-1382)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  院内心停止への低体温療法は有害な可能性